あすくん

ASUKUN

モコモコでもいい

今週のお題「防寒」

 

 

けっこう最近まで、モコモコした服装が苦手でした。ダウンとか、ボアジャケットとか。厚着で身体が膨れるのも嫌だったので、冬が苦手だったんですよね。モコモコ以外にも、首にまとわりつくものも抵抗があって、タートルネックアンチ、マフラーアンチでした。

 

なのにここ数年、なんか急にそれらを許せるようになってきて、何なら今ZOZOTOWNでハイネックのモコモコなダウンジャケット買おうとしてます。なにかきっかけがあったわけでもなく、謎すぎます。でも、防寒を許せるようになってよかった。

 

写真はモコモコの代表格(?)、ヒツジです。

Perfume 9th Tour 2022 “PLASMA”に行ってきた

Perfumeのアルバムツアー「Perfume 9th Tour 2022 “PLASMA”」に行ってきました。8月の東京公演がどうしてもずらせない予定と被ってしまったんですが、10月の埼玉公演までは待てない……ということで、8月31日の名古屋公演初日と、10月29日の埼玉公演初日を観てきました。

 

 


01 Plasma
登場シーン、床からせり上がってくるのかと思ったら天井から降りてきてびっくりしました。アルバムのオープニング曲だと一番好きかもです。盛り上げていってからの「プラッズマァ……」が好きすぎる。

 

02 Flow
意外な1曲目でしたが、ドラマ主題歌だからですかね。このゆったりノレる曲調好きなんですけど、ライブで使うの難しそうです。冒頭に置いてスロースタートな感じだったのよかったですが、ライブ終わったあとに考えると、05〜07の流れに入ってたほうが自然なような……。というか、今後のライブでも、こういうゆったり楽しめる曲を演るパート作ってほしいですね。ライブで特別盛り上がるわけじゃないけど良曲、たくさんありますから。

 

03 ポリゴンウェイヴ(Original Mix)
シングル曲で久しぶりにビビッときた曲。わかりやすくテンション上がる曲で楽しいです。これからのライブでも生き残ってほしいなあ。長尺のRemix版もやってください!

 

04 再生
振りが大きくて曲調もポップでいい曲ですよね。[polygon wave] のライブの演出が振り付けと噛み合っててよかった思い出。映画『屍人荘の殺人』で聴いてからもう3年近く経つのか……。

 

05 Drive’n The Rain
Take me Take meとかZero Gravityみたいな演出でした。この曲をアルバムで聴いたとき、Have a Stroll思い出したんですよね。07でナチュ恋を演ったので、その流れで演ってくれないか期待しましたが披露されず……またどこかで観たいです。

 

06 ハテナビト
アルバムで聴いたときは流し聴きしてたんですが、ライブ演出、振り付けが自分の脳内と解釈一致しててハマってしまいました。ライブ後ずっと聴いてます。

 

07 ナチュラルに恋して
久しぶり!ステージを行ったり来たりする振りだからファンサービスとしてもいいですね。曲調が他のPerfume曲とは違うから新鮮味があって好きです。

 

08 Time Warp(v1.1)
この曲、シングルで聴いたときはハマらなかったんですけど、[polygon wave] のライブで「あれ、いいかも」ってなって、アルバムバージョンのアレンジで一気に好きになりました。なんか、ちょっと変わっただけだと思うんですけど、キラキラポップ感(?)すごくないですか。ポリゴンライブに続いてカラフルな演出で楽しかったです。

 

ここの振り付けの良さに気づきました

youtu.be

 

09 ∞ループ
まさかこの曲が転換に使われるとは。でも円筒の演出と曲が噛み合ってていい感じでしたね。ループ感すごい。

 

10 Spinning World
かっこよすぎるアルバムのリード曲。ライブ演出もかっこよかったです。今年の紅白はこれやってくれるのか、やってほしいな。

 

ここのダンスが好きすぎる

youtu.be

 

11 アンドロイド&
ポリゴンライブで惚れた曲。ライブ映えしますよね。ライブ後に感想漁ってたら、「ライブで好きになった!」って感想みかけてなんか嬉しかったです。

 

12 マワルカガミ
「ステージに立つの」で観客が手のひら上げるフリ、いつからやってるんだろう。名古屋のときはまだみんなやってなかったような気がしますが、忘れてるだけ説あります。

 

13 Party Maker
PTAのコーナーからのPM、テンション上がって超楽しいですよね。名古屋のときはアリーナだったし列の端の席だったし久しぶりだったしで飛び跳ねてました。

 

14 ワンルーム・ディスコ(名古屋・初日)
これも久しぶりでしたね~。実はライブでは初体験なので、踊れて楽しかったです。イントロでみんなが指差すやつ好き。

 

14 ポリリズム(埼玉・初日)
数年前はポリリズムやらなくなったな〜と思ってましたが、最近またよくやるようになった気がします。「くり返す いつかみたいな あの感動が 蘇るの」って歌詞が染みます。

 

15 Puppy love
ライブデビューが遅かったので、映像でしか観たことなかったこれをはじめて観れて感動しちゃいました。上下上上下上下下……もうライブでやることはないのかなと勝手に思ってましたが、楽しすぎるのでまたやってほしいです。心のスポーツも、FUTURE POPのカウントダウンライブでやって楽しかったので復活してほしいですね。踊る系じゃないですがWonder2や願いもいつか生で聴きたい……。

 

16 STAR TRAIN
ドラマで知名度が上がったようなので、今回のツアーでやると思ってました(名推理)。

 

17 さよならプラスティックワールド
これが転換曲になると思ってました。でもよく考えるとタイトルに「さよなら」ってありますしラストがぴったりですね。歌詞を脳内で追っちゃってダンスをあまり見れなかったのが悔やまれますが、素敵な未来で生きていたいです。

 

18 Plasma
オープニングで降りてきたPerfumeが昇っていく、完結感のある良い演出でした。てかやっぱりこの曲がいいんですよね。

 

個人的なベストは「ハテナビト」と「Puppy love」です。あー楽しかった。

隣の芝生を食べる

今週のお題「地元自慢」

 

 

私の地元は山口県西部で、九州(というか福岡)の影響をかなり受けてるんですよね。ポテトチップス九州しょうゆ味とか、うまかっちゃん(ラーメン)とか、ブラックモンブラン(アイス)とか、良いところをおすそ分けしてもらってる感じがします。地元に映画館がなかったから福岡まで見に行ってたし、そういえば大学受験の模試も福岡まで受けに行ってましたね……。

 

ところで、福岡県にはもち吉っていう、おせんべいを作ってる会社があるんですけど、そこのしょうゆ味のせんべいが昔から大好きです。子どものころ、親がいろんな味の詰め合わせパックみたいなのをよく買ってきてたんですが、ひたすらしょうゆ味ばっかり食べてました。おいしすぎます。人生で一番好きなせんべいだと思う。今週のお題を見て、まずもち吉のことが思い浮かんだので、良いお隣さんがいて感謝ですね。

 

「山口は福岡の植民地」とか冗談(?)でよく言われるんですが、Googleフォトで「福岡」って検索すると山口で撮ったはずの写真が出てくるので、案外本当なのかもしれません。

Spinnerer(?)

今週のお題「わたしは○○ナー」

 

 

先月にスプラトゥーン3が発売されてからもうずっとやってます。スプラトゥーンにはいろいろな武器のタイプがあるんですが、自分は「スピナー」という武器種が好きで、初代スプラの後半ぐらいから愛用しています。いわゆるガトリングみたいな見た目の武器ですね。

 

ずっと好きで使ってるくせに、「スピナー」ってどういう意味か分かってなかったんですが、さっき調べたら「急回転するもの」って意味みたいです。たぶん「スピン」(spin)+「er」ってことですよね。たしかにインクを撃ってるとき銃身が回転してます。こんなことも知らなかったのに”Spinnerer”(?)を名乗っていいのか。自分は、好きと知識は関係ない派ですが……。

 

スペルが合ってるか確かめるためにGoogleで「spinner」って検索したらルーレット出てきてびっくりしました。こういう遊び機能、よくありますよね。「スプラトゥーン」って検索するとインクを飛ばして遊べますしね。写真は、スピンっぽさがあるPerfumeのアルバムジャケットです。

オーバーサイズ

今週のお題「カバンの中身」

 

 

レジ袋が有料化されてから、カバンに入るものだったらなるべくレジ袋をもらわずにカバンに詰めて済ませるみたいなことが多くなりました。なんなら、近所のスーパーだったらカバンに仕舞うのも面倒なのでもうそのまま手持ちで帰ることも。食材を素で抱えて歩くとか、以前は恥ずかしくてできなかったんですけど、ずいぶん心が鈍感になってしまいました。

 

ところで先日、100円ショップで大きめの封筒を買って、カバンに入るだろうと思ってレジ袋いらないですって言ったのに、ぜんぜん入らなくて写真の状態で20分くらい歩いて帰るハメになりました……。これはさすがに恥ずかしかったです。

『プロジェクト・ヘイル・メアリー』を読めなかった自分が読んだ本

今週のお題「最近おもしろかった本」

 

 

けっこう前からSF小説の『プロジェクト・ヘイル・メアリー』を推す人がSNSでも知人でも多くて、みんな絶賛してるから興味がわいて読んでみたんですけど、ぜんぜん読み進められなくて、この本を21%読む間に他の本を8冊読み終わってしまいました。もう少し読み進めたら読むのが止まらなくなるタイプの本かもしれないので、まだ期待していますが……。

 

というわけで(?)、『プロジェクト・ヘイル・メアリー』を読み進められていない自分がその間に読んだ本を紹介します。

 

1 黒い家(貴志祐介

がっつりホラー。霊能的なものが出てくるわけではなく、人間の怖さを書いてあるホラー小説でしたね。舞台の描写から作者が京大出身なのではないかと思って調べたらやっぱりそうでした。

 

2 悪の教典貴志祐介

『黒い家』が好きだったので、映画化もされて存在を知っていたこの本をつづけて読んでみました。緊迫した展開の連続で一気読み。勢いだけじゃなくて、きちんと伏線を張ってそれを使って展開してくところが良かったです。ちなみに貴志祐介だと『新世界より』が抜群に好きです。

 

3 信仰(村田沙耶香

短編が8つ。誰もがふと思いつきそうな考えやアイデアが形になっててすごい。表題作がいちばんですね――「お姉ちゃんの『現実』って、ほとんどカルトだよね」。

 

4 変半身(村田沙耶香

設定がおもしろすぎました。故郷の秘祭に狂気と閉塞を感じた少年少女が島を脱出しようとするが実は……というお話です。併録の「満潮」は、設定は意味がわからないんですけど、なぜか共感も感じられる不思議な話でした。

 

5 改良(遠野遥)

こういうウダウダウジウジ悩んでる系の小説(失礼でごめんなさい)がやっぱり好きだと再認識しました。あらすじを読んで興味が湧いた方はぜひ。

 

6 教育(遠野遥)

ディストピアな学園小説で、意味不明な設定だと思いつつ受け入れて読んでいたら、ラストのほうで急に現実を感じてびっくりました。先に紹介した『改良』より好きです。

 

7 彼女が好きなものはホモであって僕ではない(浅原ナオト)

だいぶ前にNHKでドラマ化されてたことは知っていて、ずっと”ほしいものリスト”に入っていたので読んでみました。タイトルはむしろ逆なんじゃないかと思いましたが、作中でもちゃんと言及されてましたね。アイ・ウォント・イット・オール、わかる気がします。

 

8 おいしいごはんが食べられますように(高瀬隼子)

あんまり食の話だとは思わなくて、職場小説だと思って読んでいました。職場にいるどうしようもない人の話とか、職場恋愛への疑念とか、共感しながらおもしろさを感じる本でした。

 

写真は「Bar十誡」というブックカフェに行ったときのもの。雰囲気が最高でした。

ニュールーティン政策

今週のお題「マイルーティン」

 

 

大人になると新しい習慣を作るの難しいかもしれない、と思って、意識して習慣化に励んでいます。が、やっぱり定着するものは少ないですね。

 

比較的新しく習慣化に成功したものに、2018年から始めた朝読書があります。本を読むのはもともと好きなので、ちょっとズルいですけど。毎朝30分くらい読書してから出勤してます。最初は意識して強制的にやっていましたが、だんだん義務から楽しみになってきて、一日を楽しいことから始められるので精神的にめちゃいいですね。

 

最近読んでおもしろかったのは、高瀬隼子さんの『おいしいごはんが食べられますように』。芥川賞受賞作ですね。職場の人間関係についていろいろ書かれてるんですけど、共感できるところが多くてしみじみ楽しく読みました。おすすめです。